施設利用案内

くにたち郷土文化館

開館時間
  • 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日
  • 毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館)、
    12月29日~1月3日、別に国立市教育委員会が定める日
観覧料
  • 常設展示は無料(企画展、特別展については別途設定)
講堂等の使用

※講堂及び特別展示室の使用者が、使用日の90日前までに使用の取り消しを申請したときは、代金の100分の50を返金します。
※研修室の使用者が、使用日の30日前までに使用の取り消しを申請したときは、代金の100分の50を返金します。

講堂等の使用料

区分 午前 午後 夜間 全日
時間 9:00~12:00 1:00~4:30 5:30~9:30 9:00~9:30
講堂 1,400円 1,600円 1,800円 4,800円
研修室(1) 800円 900円 1,000円 2,700円
研修室(2) 800円 900円 1,000円 2,700円
特別展示室 7,200円

付属設備の使用料

設備名 単位 使用料
ビデオ映写装置 1式・1回 1,500円
移動展示ケース 1台・1回 500円
スライド映写機 1台・1回 500円
16ミリ映写機 1台・1回 1,000円
OHP 1台・1回 500円
陶芸用電気窯(素焼き):3日間 1台・1回 5,000円
陶芸用電気窯(本焼き):4日間 1台・1回 6,500円

※館外への持ち出しはできません。
※車いす(1台)の用意もあります。

国立市古民家(旧柳澤家住宅)

開館時間
  • 午前9時~午後5時
休館日
  • 毎月第2・第4木曜日(祝日の場合は開館し、翌日を休館)
    12月29日~1月3日、別に国立市教育委員会が定める日
見学
  • 無料
    団体での見学は前もってご連絡下さい。
使用の申請
  • 郷土の伝統的な生活習慣、芸能、工芸等に関する体験で古民家を
    利用するときは、使用の一週間前までに、くにたち郷土文化館へ「古民
    家使用申請書」を提出してください。
問い合わせ
お願い
  • 古民家は国立市指定有形民俗文化財です。
    使用にあたっては管理者の指示にしたがって下さい。
    古民家及び敷地内は禁煙となっています。
    また、物品の販売や宣伝行為は禁止しています。
    ごみは出さずに持ち帰りましょう。